こんにちは!福井県坂井市を拠点に、港湾工事や潜水工事、水中溶接の施工を承っております株式会社嶺北潜水でございます。
今回は、水中コンクリートの打設に必要な型枠工事についてお伝えします。
陸地での型枠工事との違いや共通点、各工法の特徴などに触れていきますので、ぜひご覧ください。

基本は陸地と同じ


型枠工事とは、コンクリートで建造物をつくる際に、コンクリートを流し込むための枠を製作します。
陸地での型枠は、ベニヤ板や加工された木版を使って枠をつくり、コンクリートを打設していきますが、基本的な工程は水中であっても同じです。
一方で、水との接触はコンクリート強度に影響を及ぼすので、対策が必要となります。

各工法の特徴

陸上と同様に採用される工法として、「プレキャスト工法」があります。
プレキャスト工法は、大型の鋼製型枠を製作し、打設予定箇所に設置する工法です。
型枠は、打設予定位置にあらかじめ施工しておいた定着アンカーに連結させ、固定していきます。
また狭いエリアでの施工や暗渠での施工については、「布製型枠工法」を採用することがあります。
型枠材料にナイロン製の特殊シートを用いる工法であり、型枠の設置は人力で固定用のアンカーを任意に配置できるので、多彩な形状をつくり出すことが可能です。
施工場所によって、適切な工法を選ぶことが工事業者の最初の仕事といえるでしょう。

嶺北潜水へご相談ください!


潜水工事や海洋調査などの港湾土木工事のご用命は、ぜひ嶺北潜水までお問い合わせください。
水中での施工は危険を伴うものです。
そのため弊社は安全施工を何よりも大切にしており、お客さまから安心してご依頼いただける会社を目指しています。
またお客さまの幅広いニーズにお応えできるよう、特殊な技術を用いる工事を積極的に導入しています。
工事に必要な機材は、自社内で保有しておりますので、迅速な対応が可能です。
港湾土木工事や水中溶接のご用命の際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【求人】嶺北潜水では新規スタッフを募集中!

弊社では、さらなる事業拡大を見据えて新規スタッフを募集しております。
港湾土木工事というと、複雑なイメージを持たれる方もいると思いますが、ご安心ください。
資格を持った先輩スタッフが、一つずつ丁寧に指導し、あなたの成長をサポートいたします。
業務を通じて成長し、一流の技術者を目指しましょう!
皆さまからのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


福井県の港湾工事や潜水工事・水中溶接は株式会社嶺北潜水
〒913-0043 福井県坂井市三国町錦3-1-22
電話:0776-82-6785 FAX:0776-76-3077