こんにちは!
福井県坂井市に拠点を置き、大阪府や兵庫県をはじめとする全国にて海洋土木工事を幅広く手掛けております、株式会社嶺北潜水です。
港湾工事や海洋調査、水中溶接を得意とし、潜水調査工事や水中溶接切断、海底ケーブル敷設工事なども施工可能です。
今回は、海洋構造物において必須工事の一つである、防蝕工事について、電気防蝕工事をメインにご紹介いたします。

海洋構造物防蝕工事


海上または港湾で使用されている海洋構造物には、多くの鋼管杭や鋼矢板が使用されています。
海水や潮風にさらされるこれらの鋼材は、腐蝕を起こしやすい環境にあるといえるでしょう。
そのために、電気防蝕工事などの防蝕工事を施します。
防蝕には、塗装工法やライニング工法、そして水中の鋼構造物にアルミ陽極を取り付ける電気防蝕工法が一般的です。

鋼矢板腐食調査

港湾施設は、防波堤や桟橋、岸壁や係留施設などで構成されています。
中でも下部工とされる鋼矢板の防蝕には、電気防蝕の工法が取られます。
まずは、対象となる鋼矢板の状態を、しっかりと調査した上で、適した工事を行うことが大切です。

電気防蝕工事

電気防蝕工事は、海水中や海底土中にある鋼材を、電気使って防蝕する工法です。
鋼材から電解質である海水へ流出する腐食電流に、それより強い直流電流を連続して流します。
そうすることにより、鋼材の腐食を防げる画期的な工法です。
このためには、アルミニウムなどの犠牲陽極を取り付けます。
鋼材の発錆を抑える電位(防蝕電位)が陽極から流れているか、確認するのです。
現在では、港湾構造物の鋼材には、電気防蝕が一般的に行われています。

水中でのあらゆる作業に対応します!


多岐にわたる海洋・河川土木工事のニーズに、幅広くお応えしております。
海洋土木から潜水調査まで、水域における工事のご依頼は、ぜひ弊社へお申し付けください。
お問い合わせページよりご連絡ください。
折り返し担当者よりご連絡いたします。

【求人】海洋工事を行う港湾潜水士募集!

港湾潜水士資格を取得して、海洋土木工事に携わりませんか?
海にかかわる仕事をしたい方、未経験でもやる気あふれる方!
ぜひ、求人情報ページをご確認いただき、ご応募をお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


福井県の港湾工事や潜水工事・水中溶接は株式会社嶺北潜水
〒913-0043 福井県坂井市三国町錦3-1-22
電話:0776-82-6785 FAX:0776-76-3077